今回めでたくamazonアフィリエイトの審査が通ったので、通過のコツを書いていきます。

amazonアフィリエイトとは?

amazonアフィリエイト

amazonの商品を掲載して、それ経由でユーザーが商品購入したら、その金額の何%かを報酬としてもらう、という仕組みです。

いくつかあるアフィリエイトの中でも、amazonアフィリエイトは審査のハードルが高いと言われています。

しかし一度審査に通ってしまえば、amazonの豊富な商品を掲載できるので、報酬はもちろん商品画像のためだけに利用してみるのもありかもしれません。

審査のコツ

上にも書いたように、amazonアフィリエイトの審査は厳しいです。
実際に私も一度落とされて、2回目で通過しました。

amazonが提示している基準は以下のものです。

  1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

  2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

  3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

  4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

  5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合 *SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

  6. 知的財産権を侵害している場合

  7. 露骨な性描写がある場合

  8. 未成年の方のお申し込み

実際は、上記に抵触していなくても審査が通らなかったりするんですが、それに関して問い合わせをしても返答がないので、何が問題だったかわかりません。

ですが、上記に記載されていないポイントがいくつか有るようなので、それをまとめます。

  • amazonで購入履歴のあるアカウントでamazonアフィリエイトの申請をする

  • 掲載予定のウェブサイトにブログの他にtwitterのアカウントページを記載する

  • 商品紹介の記事が書かれている

このようなポイントがあります。

amazonで購入履歴のあるアカウントでamazonアフィリエイトの申請をする

これはなかなか重要なポイントのようで、管理のために新しくアカウント作成し、amazonアフィリエイトに申請をしてもほぼ通らないようです。
小額(1000円程度で通った例あり)でもamazonで購入をしてから申請すべきです。

掲載予定のウェブサイトにブログの他にtwitterのアカウントページを記載する

掲載予定のページに、ブログ等のメインで使うものの他に、TwitterやFacebookなどのSNSのページを記載すると通りやすくなるようです。

カジュアルに商品を紹介できるようにもなるので、SNSは掲載予定サイトの欄に記入すべきかもしれませんね。

商品紹介の記事が書かれている

私が1度目の審査に落ちたあと、商品紹介の記事を2記事書いて、再度申請したら申請が通りました。

全体のコンテンツ量のほかに、どのようにamazonの商品を掲載するのか、という例になるような記事を掲載したうえで、アフィリエイトの申請をした方がいいようです。

再審査の申請も、1日空けただけだったので、改善されていれば再審査までの日数はさほど考慮されないようです。

さいごに

上記に書いたポイントの他にも、情報商材を扱っていたらアウトだったりもするようなので、申請に全く通らない場合は疑っても良いポイントかもしれません。

また、審査に落とされる場合は、結果の通知に1日以上かかりますが、通過した場合は4,5時間で結果の通知が届きます。

審査結果のひとつの目安にしてみてください。