android開発時によくネックになるのが開発言語です。
通常使われるのはjavaですが、モダンであるとはいえないでしょう。

とはいえ、慣れ親しんでいる人が多く本格的に移行するまでには至ってないのが現状です。
ですが、その現状も切り替わるかもしれません。

Kotlinは次世代アンドロイド開発言語になれるのか

オラクルとグーグルのjavaに関わる裁判がオラクル側が優勢で話が進んでいるようです。
この裁判でオラクルが勝つと、javaで開発しているアンドロイドスマホメーカーは多額のロイヤリティを払う必要が出てくるそう。

そのため、javaに代わる開発言語の採用角度が高まっているとのことです。
中でも注目されているのはkotlin。

kotlin

IntelliJのジェットブレインズが開発したJVM言語で、swift的に書けることで、既存のjavaメインの開発と比べるとだいぶモダンになりそうな感じです。

現状は一部scalaなど使いつつ、大半はjavaで開発していたandroid周りに新たな風が流れそうです。