SEOってめんどくさいですよね。
ググっても情報が多すぎて何をどうればいいのかよくわからないような状況です。
よくアップデートもされますし。

なので今回は、なにも考えずに記事のとおりに対策しても結果が出るようなSEOを紹介しようと思います。
ちなみにこの記事の内容を行った結果、コンテンツ量は変わらないのに、
3ページ目の検索結果から、2位の検索結果まで上昇しました。
検索結果も1週間ほどで上昇したので、結構楽しかったです。

残念ながらこのブログは、静的ファイルを生成している都合上、たいしたSEO施策はできてないです…

最低限頭にいれること

何も考えなくてもいいので、最低限以下の3つは頭に入れてください。
SEO対策するために必要最低限の知識です。

  • クローラーが巡回するページの網羅性を高める
  • クローラーの巡回頻度を高める
  • googleの目指すものを理解する

上の2つに関しては、SEOを考える上で重要な要素ですね。
ウェブサイトの全てのページにクローラーが巡回して(抜け漏れがない)、
クローラーがよく巡回しにくる(更新頻度が高い)ものは必然的に検索結果が高くなりやすくなります。

クローラーが巡回するページの網羅性を高める

余談ですが、ECサイトの商品ページのようなページに、おすすめの商品などの他に、
データベース上の前後の商品へのリンクを貼ると、クローラーが巡回するページの網羅性があがり、
検索順位が上がることが多いです。

意外とこの施策は利用されていないです。UIUX的な観点からだと全く必要のないリンクですしね。
ただクローラーにきれいにページを巡回させるための施策は考えるべきかもしれません。

googleの目指すものを理解する

あとは3つ目のgoogleの目指すものを理解する、ですね。
これはgoogleの検索に限った話ですが、ほかにもbingの対策をするなら
マイクロソフトの目指すものを理解すべきです。

検索エンジンは日々アップデートされます。
アルゴリズムの変更や最近だと大量の外部リンクにペナルティがついたことや、
影響力のある人物の投稿内でのリンクは検索順位に影響しやすくするようになっていくことなど、
SEOを考える上での表面的な正解は、日々変化していきます。

そのなかで、どのようにして普遍的なSEO対策を行うのか、それが重要になってきます。
そこで出てくるのが「googleの目指すものを理解する」です。
googleの目指すものを理解し、それに沿ったSEO対策を行うことが、普遍的なSEO対策につながると考えています。

googleの目指すものは、googleの会社情報ページにはっきりとのっています。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

つまりは、適切な情報を適切な人に、適切な時に提供する、ということでしょう。
これを踏まえると、外部リンクを貼りまくり検索順位を上げるという行為は、
適切な情報を選ぶという観点からは確実に外れます。

googleというプラットフォームにのっかる以上、
googleの想いと反する行為をすると嫌がられるのは当然なので、
そこは理解しながらSEO対策をしていきましょう。

具体的な施策

長くなりましたが、具体的な施策を紹介していきます。

パンくずリスト

まずは定番のパンくずリストです。
なぜパンくずリストという名称になったのかは定かではありませんが、こういうやつです。
普通は、それぞれにリンクがついています。

ブログ > 記事 > 頭を使わなくても効くSEO

これの何がいいのかというと、クローラーにページの分類を明示することができて、
かつクローラーが上の階層のページにも抜け漏れなく巡回できます。
上に書いた網羅性と同時にページの属性をクローラーに理解させることができるので、非常に有効な施策です。

実装するときもプラグイン等が豊富で実装が楽な上に、
UIUX的な観点から見ても必要であることが多いというのも大きなメリットです。

SEO対策とUIUXの施策が合致することはあまりないので、
両方にアプローチできるこの施策はオススメです。簡単ですし。

XMLサイトマップ

次はXMLサイトマップです。
これはクローラーにウェブサイトのページ情報を知らせるものです。

XMLサイトマップ自動生成ツールがいくつかあり、
そこでURLを入力すればサイトマップがダウンロードできるので、それをドキュメントルートに置くだけです。

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

手軽さだけならピカイチですが、UIUX的にプラスにならないうえ、
パンくずリストほどの効果もないのでパンくずリストのほうが優先度が高いです。

しかしやる価値は十分にあります。可能であれば更新のたびにサイトマップも更新するのが吉。

マイクロデータ

SEO的に一番効果的なのがマイクロデータです。
正直、効果はてきめんです。しかし、UIUX的にはプラスにはならず、
実装も割とめんどうで、HTMLが非常に読みにくくなるので採用ハードルは若干高いかもしれません。

まずマイクロデータの説明ですが、情報となる文字にspanなどをつけてその中で、
どういうデータなのかを明示するというものです。

私の名前は<span itemprop="name" >バルーンボーイ</span>です。
<a href="http://besuto.me" itemprop="url" >シババルーン</a>というブログをやっています。

こんな感じです。読みにくいですよね?
上のは短いのでマシですが、divにも長ったらしい情報がつくわ、
文中にも長いspanがつくせいで、見やすい改行ができないわで、可読性は悲惨です。

とはいえ非常に有効なので、非常にオススメです。
マイクロデータで記述するデータ型にはいくつかあるので、調べてみてください。
まだウェブ上にはあまり情報がありませんが、以下の記事はオススメです。

WordPress を microdata で簡単にマークアップする方法

Fetch as Google

SEO対策の後は、クローラーに巡回してもらえばいいわけですが、
そのための手段がFetch as Googleです。
これを使えばよほど大きいサイトでなければ、数日ほどで検索順位が変わると思います。

検索順位の変動には数ヶ月かかると思われがちですが、
細かい施策をちまちましているわけじゃなければ、わりと普通に変わります。

どこで使うのかというと、googleが提供する
ウェブマスターツールのクロール内のFetch as Googleから使えます。

こちらではURLを入力して、インデックスに送信ボタンを押せば、
クローラーに情報がいって巡回してくれます。

インデックスへの送信には2種類あり、入力したページのみの巡回か、
入力ページのリンクしているページを含めた巡回かを選択できます。

注意事項としては、入力したページのみの巡回は月に500件まで、
入力ページのリンクしているページを含めた巡回は月に10件までです。

カウントのリセット時期は月初になっています。
インデックスに送信したくてもできない状況を避けるために、計画的に利用しましょう。

まとめ

長々と書いてきましたが、SEO対策は、

パンくずリストとXMLサイトマップでページの情報を示しつつ、マイクロデータで文中の情報まで明示したうえで、googleに怒られないようにする

ことができれば問題ないでしょう。
皆さん、いいSEOライフを!