Twitterの日本開発拠点立ち上げイベント Inside Twitterに行ってきた

Twitterの日本開発拠点立ち上げイベント Inside Twitterに行ってきた

Twitterの日本開発拠点立ち上げイベント Inside Twitterに参加させていただきました! 講演で話していたことをまとめました。 あと、ごはんおいしかったです。 コロナ飲み放題はビビリました。 Twitterのスケーラビリティ speaker:シニアディレクター 日本の開発拠点 グローバルに展開しているTwitterというサービスの日本向けのサービスを作るために日本の開発部を新設した ニュース機能は日本向けに作った 処理・データの軽量化 サーバサイドの仕組みがあり、信頼性の低いネットワークで何度かリトライが走ってもツイートされるのは1つ Google発のSPDYやWebPを使っている SPDYではリクエストの優先順位もつけている オフラインモードを導入しようとしている 日本向けの製品 speaker:プロダクトマネージャー 日本が重要な理由 Twitterでは日本は有用な国 ログインも一秒あたりのツイート数もトップクラス チームミッション 日本のユーザーのことだけを考えてリリース 日本初のグローバル機能 例えばニュース機能 ニュース機能 ios版で5つ目のタブ、ニュース機能の追加 ツイッター上で話題のニュース一覧 フォローしなくても見れる 30代の男女がターゲット ユーザーのツイートを見るための導線 今後ニュース機能はもちろん、さまざまな機能を追加予定(2年分くらいのスケジュール) プロダクトの流れ Twitter社は他社と比べても丁寧にユーザーの声を聞く ユーザーの声を元に問題をピックアップし、ブレストしてアイデアをだす その後、仕様策定して、デザインモックをつくり、ユーザーインタビューして、開発に入る その後社内リリース、問題がなければA/Bテストとしてリリース エンジニアリング speaker:エンジニア 開発環境 Mac git JIRA Confluence、Google Docs IntelliJ、Xcode、Android Studio チーム プロダクトマネージャー 1人 デザイナー 2人 エンジニア 5人 エンジニアマネージャー 1人 テクニカルプログラムマネジメント 1人 テクニカルプログラムマネジメント アジャイルのコーチング バグ見つけよう会の開催 社内調整 コミュニケーション メール チャット ミーティング コードレビュー テクニカルデザインドキュメント(後述) 一日の流れ 9:30